前へ
次へ

美容師になるためには

ヘアスタイルをセンス良く仕上げる美容師は、人気の職業となっています。
それは流行に敏感だけではなく、技術も大きく問われる職業です。
そして美容師になるためには、免許が必要となっています。
これらは国家資格となり、それを取得するには専門学校での学習が受験の条件となってきます。
この専門学校では、美容師になるための知識に加えて実技も行っています。
さまざまな学習を通して、免許取得への基礎を固めていくのです。
これらの専門学校では働きながら通えるように、夜間学校を設けているところもあります。
実際に美容室でアシスタントして働いている人が、このような形で学んでいたりします。
このように免許取得のためには、専門学校での学習を得てからとなります。
そこで、美容師として一生働いていける知識や技術を身に付けていくのです。

美容師に必要な免許について

美容師とは客の要望に耳を傾け、主に髪型を整える仕事です。
カットやカラーリングなどの直接髪に関係のあるサービスをするほか、メイクアップや着付けなどを行うこともあります。
類似する職業として理容師がありますが、主な客層や業務内容は異なります。
したがって、必要な免許も異なります。
美容師は国家資格です。
そのため、受験するには国が指定する美容師養成施設を卒業しなければなりません。
卒業までには通常は2年以上、通信課程は3年以上かかります。
国家試験に合格したあとは、美容師名簿への登録を行います。
この名簿への登録が、実質免許の申請にあたります。
免許取得後は美容室や結婚式場に就職します。
ただし、実際に仕事として髪をカットするためには、3年ほどの経験を積む必要があると言われています。

Page Top