前へ
次へ

美容師の免許について

美容師の免許を取得するには、養成施設への入所が必要です。
美容師国家試験を受験するためには、厚生労働大臣が指定する養成施設を卒業する必要があります。
美容師養成施設の入所資格は、高等学校卒業者で、修行期間は2年羽状が必要です。
卒業後、国家試験の受験資格を経ることができます。
そして、その試験に合格すれば、免許申請を行います。
この免許の登録は、厚生労働大臣が指定した財団法人理容師美容師試験研修センターが実施しています。
具体的な真性手続きは、申請書をホームページよりダウンロードし、提出先に郵送します。
原則として簡易書留で郵送する必要があります。
また、字産することもできます。
免許証登録には、手数料等が必要です。

美容師の免許取得に関して

私の親戚には美容師にの免許をもたれて個人で美容室を経営されている方がいらっしゃいます。
その方に話を聞いたことがあるのですが、まず、美容師の免許を取るために高校を卒業して専門学校に行ったそうです。
そこで美容師になるための学科と実技の勉強をしたそうです。
学科に関しての話はあまり聞いていないので詳しくありませんが、実技は、最初は模型の髪の毛を使用して行うそうですが、最後は実際に店舗に所属し、本当のお客さんを相手に接客しながら、美容の訓練を行うそうです。
その実技に合格してやっと専門学校卒業といった形になるそうです。
そこから免許を取るために勉強をし試験を受けて合格し、やっと美容師になれるそうです。
結構大変だったそうです。

Page Top