前へ
次へ

美容師免許の試験の一般的な内容は

美容師免許を取得するための国家試験を受験することとなってくると、実技試験と筆記試験と定められている基準を満たす必要があるのが一般的です。
基本的に練習をするのが大事だったりもしますが、実技に関してはセンスも問われやすいのが特徴的でもあるわけです。
筆記試験などでは美容師として働くにあたって、カラーリングなどからカットのやり方まで基本的な知識を身につけるのが重要となってくるところです。
美容師免許を持っているとヘアサロンに就職してからもカットを担当することができてきますが、見習いなどで働いていて免許をもっていない間は受付から店の中の掃除をはじめとしている雑用などをやらせてもらえるところがほとんどです。

美容師のアシスタントの資格は

美容師のアシスタントが免許をもっているかというと、すべてのアシスタントがもっているわけではないですが、業務をこなす上では美容師免許を持っている人が多かったりするのが大半です。
アシスタントであっても、美容師免許を持っている方が有利になってくるところも多いですが、美容師の仕事も行えたりと都合も良かったりするからです。
基本的にはアシスタントを目指していたとしても、国家資格を取得してからの就職を考えるのが確実でもありますが、就職後も練習の日々が続いてくるのがほとんどです。
本人の適性もあるわけですが、地道に努力を積み重ねてくると、アシスタントとなっていずれはスタイリストになれる可能性も高くなってきます。

Page Top